LOGO1.jpg

木村 光佑

木村将日本传统绘画和印刷词汇与现代商业图形摄影相结合。他结合视觉信息,试图近似现代生活的复杂性和传统价值的脐带。木村于1950年代后期在京都市立艺术大学学习版画。毕业后,他成为平面设计师,他的经历使他对将版画作为当代艺术的观念提出了挑战。他的作品最初在日本引起争议,在国际上广受好评。随着时间的流逝,他的作品开始流行并广受好评。 随着时间的流逝,他的作品开始流行并广受好评。他曾任京都工业大学教授,并于1998年被任命为第9任校长。

コレクション

東京国立近代美術館

京都国立近代美術館

国立国際美術館

箱根・彫刻の森美術館

和歌山県立近代美術館

栃木県立美術館

町田市立版画美術館

福岡市美術館

京都市美術館

北海道立美術館

群馬県立近代美術館

宇都宮美術館

東広島市立美術館

ニューヨーク近代美術館

サンフランシスコ美術館

フィラデルフィア美術館、

シンシナティ美術館

リュブリアナ美術館

クラコウ美術館、

フレドリックスタッド美術館

ブラッドフォード美術館

イビザ美術館

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

文章・画像等の無断転載を禁じます。
COPYRIGHT(C)2008- YOD Gallery ALL RIGHTS RESERVED